2018/04/18

宗教な話

最近なんとなく「あっブログでも書こうかな」って気分になることが多い。
割と気持ちに波があるので、結構書いて消したものも多い。笑
そういう時は攻撃的なことを書いていることが多い。
必ず投稿する前に読み返すのだけど、その時に「こりゃあえて言う必要ないな」って思って実は半分くらいは消している。笑
ということは本来はもうちょっと投稿できているんだろうねぇ。笑

いつからか忘れたけど、自分の主義を主張するようなブログだったり記事は書かなくなったように思う。
もちろん自分なりに思うことだったりはあるのでそういうのは言っているけど、こうあるべきだ。とか10年ほど前だったら声に出して叫んでたであろうことを言わなくなった。
それと同じくらいの時期に歌詞が書けなくなった。というか書かなくなった。
文章で思いや気持ちを綴るというのは本当に難しい。

言いたいことがなくなったっていうのもあるんだけど、主張する気持ちが無くなったっていうのが大きい気がする。

昔書いていた歌詞は何となく世の中のことで思ったことだったりを比喩的な感じで何かに置き換えて書いてた。

もちろん世の中に対して思うことなんて沢山あるんだけど、自ら主張する気は無くなった。

なぜかといえば、例え話で言うと宗教とか。
世界には沢山の人がいて、沢山の人が様々な宗教を信仰している。ちなみに僕は無宗教だけど。
信仰は自由というのを勿論前提に置いて書いてみる。

難しい話だけど、この神様を信じていれば天国にいける。
この神様を信じていればいいことがある。恵みがある。

というのをその信者の人たちにしてみればいいことなんだけど、自分が違う宗教だったらどう感じるだろうか?

その神様を信じていなければ天国へはいけない。
その神様を信じていなければいいことはない。

僕が異教徒だった場合このように聞こえる。
仮に僕が違う神様を信じていたなら、自分が信じているものを否定されてるように感じてしまうかもしれない。
勿論否定しているつもりでこう言うことを言ってるわけではないんだろうけど、結果論として否定されているように感じる人も出てしまうこともあるかもしれない。
個人的な考えだけど、
こういうのは思ってても口に出したりしないほうがいいんじゃないかなって。
悪気はないのはわかるのだけど、他人に勧めたり、勧誘した瞬間に意味合いが変わってくると思う。
僕の考えでは信仰などは共有しあうものではなく、個人個人の心の中に信仰があればそれでいいのではないかと思う。
使ってみてよかった商品をすすめるのとはちょっとわけが違う。

僕は父は仏教系、母はクリスチャン系の家で育った。
2人ともケンカは良くするが息子の僕から見ても仲が悪いとは思わない。

ただやっぱりお墓まいりだったり、お葬式の時だったりはよく揉めてた。
勿論言い合いだったりその程度だけど、僕はその時世の中の縮図を見たような感じがしていた。
わりと仲がいいうちの親ですらそれなのだから、仲が良くない人たちであれば戦争になるのは当たり前だと思う。

きっとほんの少し、自分が大切に思ってるものを他の人も持っているということを思うだけで随分良くなるんじゃないかなぁと思うけど、そんな簡単にはいかないか。。。

ちょっと何が言いたいのかわからなくなってしまったけど、この話をまとめるのは今の僕にはできそうもない。

長く読んでいただいてありがとうございます。
決して何らかの宗教を持っている人を否定したわけではないです。
思うことをつらつら書いてみたので気を悪くされる方がいたならごめんなさい。

いろんな方のfacebookの記事だったり、アニメを観たり、最近触れるものの中で宗教についての話題が多いような気がしたので書いてみました。

2018/04/13

想いな話。

最近高校の時の同級生二人がめでたく結婚式をするとのことで、ご招待頂いたが、どうにもこうにも帰れそうにないので今回は心の中でそっとお祝いさせて頂く事にした。

勿論次回帰国の際はお祝いさせてください。

心からおめでとう。

彼らは高校生の頃から付き合っていてめでたく結婚。二人共東京に居たのでたまに集まったり会ったり。

色々あったとは思うけど、なんだか感慨深いものがあるなぁ。

昔から知っているがとても素敵な夫婦だと思う。幸せな家庭を。本当にめでたいねぇ。

あれから気付けば13年、高校生の頃のことは本当に昨日の事のように思い出せる。

とても良き高校生活でした。

自分の事のように嬉しい。

-------

あの頃の僕は自分の将来をどう思っていたんだろう。当時の夢のまま突き進んでいる友達もいれば、夢が変わった友達もいる。

でもみんな進んでる。

僕はどうなってゆくんだろう。最近将来があまり想像出来ない。

あの頃持っていた、ピュアで、何かに真っ直ぐ向かっていく想いのようなものが最近薄れてきている気がする。

これはいかんと思いながら毎日が過ぎていっている。

これはイカン。笑


2018/04/04

instagram の謎 な話

こんばんは。今日からベルリンも暖かくなってまいりました。

今週頭に雪降ったときはどうしようかと思ったけど、良かった良かった。


最近割とインスタグラムチェックしてるのですが、勝手にこちら側がフォローしてる人が増えてる。。。

消しても消してもまた増える。。。

てなわけで試行錯誤してみました。

まずは許可してるアプリ??

インスタグラムと連携していて使っていないものを削除するというもの。

これを試しましたが、10分後には20件ほど増えてた。。。笑


それでも駄目ならばアカウント乗っ取りの可能性があるとのことで、、、アカウントのパスワードを変えました。


すると、、、


勝手にフォローしてる人が増える現象が無くなりました。。。

乗っ取られていたらしい。。。

ただ恐らくアカウントの連携の許可外した方がいいかも?

どちらもやってこそ効果があるように思えました。


良くあるアクティブなフォロワーを購入しませんか?

みたいなのってこういうのやってるな。。。と思った。


多分こんな感じ。

フリーのインスタ用のアプリを作る→アプリをダウンロードした人がインスタグラムとの連携を許可する→アプリ作った側は顧客のインスタグラムの情報丸わかり→顧客名簿作成→顧客名簿を売る

って流れな気がした。。。恐ろしき。。。


皆様くれぐれもお気をつけください。

勝手にフォローした記憶がない変なねーちゃんがタイムラインに流れて来る機会多くなったなと思えばこういうことか。。。笑

なんか少しでも参考になればと。。。


そんな連休前な日。。。


それでは皆様ー。



2018/02/25

時代の流れ。な話

僕はたかだか30年しか生きてないけど、その中でも相当な時代の流れを感じる。

僕は18歳まで実家で生活してたのだけど、家の電話は黒電話だったし(携帯は高校生からなんとか持たせて貰ってた)テレビも高校生まではブラウン管だった記憶。

トイレも中学上がるまではボットン便所だった笑

パソコンなんてうちにはなかったしパソコン持ち始めたのも20歳くらいから。

今なんてパソコンは持ってるけど携帯でほとんどのことできちゃうし、携帯でできない事とかやりにくい事をパソコンでやってる感じ。

時代は流れてるのだなぁと感じる。

あの時代が良かったなんてセリフってよく聞くけど、きっと大昔から言われてるセリフなんじゃないかなぁ。どんどん進化していっているからそりゃ新しいものは出てきますわなぁ。

変わらなくていいものも沢山あると思うけど、音楽にしろアートにしろやっぱりどんどん新しくなっていくのは大切かなと。

古典的な音楽やアートなども勿論好きだけど、新しい時代に生きる者として新しい何かを。古典的な物をまんま継承出来るようなタイプではなかったんだと思う自分は。昔憧れたけど、勤勉さがまず足りないね。。。笑

ただ古典的な物を継承するような人はずっといて欲しいし古典的な文化もずっと続いて欲しい。

お互いの文化が仲良く混ざり合いながら続いて、いい方向に進化していって欲しいなぁと思う今日この頃。

割と昔は~って批判的な記事だったりをたまに見かけるのでつらつら書いてみた。

ポリシーは個人の勝手だし、芸術系に関しては熱が無かったりあまりにも商業的なもの以外は本人達がやりたくて本人らしさが見えるなら何でもいいかなと個人的には思います。

芸術ってもっと自由かなーって。


2018/02/21

ありがとうな話

去年の暮にルナさんと一緒に今やってるお洋服のブランドATELIER FLATMOONでクラウドファンディングを介して資金を募らせてもらったのだけど、ありがたいことに目標の金額を超え、なんとか無事にその資金にて作らせて頂いたオーガニックコットンのスウェットとパーカを先日無事に購入頂いた皆様に全て発送し終わりました。本当にありがとうございました。

クラウドファンディングを介して頂いた資金にて、ステッカーや名刺、その他今回のスウェットとパーカの在庫も作らせて頂きました 

この場をお借りしてお礼を。

プリント依頼してた業者がミス連発したり一部のお客様には迷惑をお掛けしました。すみませんでした。

もう日付変わって今日ですが100%オーガニックコットンのスウェットとパーカをウェブサイトにて販売致します。

時間は日本時間で夜7時より。

初めの3日間だけクラウドファンディングの時と同じ値段にて販売します。

デザインやったり宣伝やったりが楽しこれから世に沢山出していきたいので気になる方はウェブサイト見てみてください。

商品届いて僕たちも着てるんですが、もう普通のパーカーとスウェットには戻れません。着心地が良すぎる笑

何枚かモデル撮影したやつ載っけておきます。

モデル協力してくれたAndy,Jenya,Fridaありがとう!










2018/02/09

最近のことをつらつらと。な話

またまたずいぶんご無沙汰してしまった。定期的に書きたいけどネタがね。。。笑

というわけで最近のことをつらつらと。

今年はBERLINの冬ずいぶん暖かく、おぉー暖冬だなぁなんて思ってたんだけど、結局現在−6℃くらいになり、まぁそうだよねって感じですが今週は天気も良くいい感じ。

去年は本当に色々大変な年だったのですが、色んな人が助けてくれたりでどうにかこうにか乗り越えることが出来て無事年を越せました。。。

周りの皆さんには感謝しかありません。

明けましておめでとうございます。また本年もよろしくお願い申し上げます。

年が明けてすぐルナさんのビザ更新だったのだけど、すんなり2年間のビザをゲットし、あとはやりたいことをやって生活していくだけとなりました。(これが一番難しいんだけど笑)

まだ何も固まってないのですが、社会人?となった20歳から今まで好きなことやってきて、ようやくこれから先のことを考えるようになり、やはり自分達の居場所、王国!?を自ら建国していかなければならないなと考えるようになり目下思案中であります。笑

自分たちが存在して、やりたいことをやっていくための居場所を自分たちが作っていこうと。

今すごくこれがやりたい。色んな素敵な人巻き込めたら。

計画段階だけど早く形にしたいなぁ〜と思っています。

とにかく楽しく、やりたいことをやってゆるく生きていきたいなと思うのでそのためのものを。

まっこんな感じです。

年明けからまたパフォーマンスも始めます。今ミーティング中。

最後にうちで預かってるゲキカワ猫のココ氏の写真を。


それでは皆様また近々〜。



2017/10/03

近況報告な話

こんにちは。随分ご無沙汰してしまいました。
という文章からいつも入ってしまう。。。
ブログ更新頑張ろう!と更新直後は息巻くのだが、如何にもこうにも続かない。笑
が、やめてしまったわけでもないので、僕の中では本当に続いていることのように思う。
おそらくここまで長く続いているのは音楽とブログくらいであろう。

昔から洋服が好きだったのだけど、僕や、るなさんがいいなーって目を輝かせてしまう洋服は基本的に高い。
この間友人が言っていた。「商品を見て高いと思った時点でその商品を持つ資格がないって誰かが言っていた」。
これはまさしくその通りだと思った。笑
ものすごく高くてもこれでこの値段なら納得と思えるものもあるしなぁ。
が、今の状況的にそこまでの値段を出して買えるわけでもない。

というわけで買えないなら好きな洋服を作ってしまえということでファッションブランドを今年のはじめくらいからやっております。
ATELIER FLAT MOON
というブランドです。
今はペーパーポーチを販売中です。サイトから購入出来ます。

小物とか衣類を中心に展開していきたいのだけど、ここで一つ問題点が上がりました。
小物はなんとかなるが、衣類は原価があるので多種類展開して行く資金がない。。。

さてどうしたものかと、振り絞って第一弾のTシャツを作ったのですが、こちらはありがたいことに完売。
ここから次に続いてどんどん行ければよかったのですが、なかなかそううまくも行きませんでした。

色々考えるうちに今噂のクラウドファンディングはどうだろう?と言う話になり、今年の夏くらいから色々調べたり動き出したりしました。
ブログでの宣伝遅くなってしまいましたが、今現在クラウドファンディングに挑戦中であります。

商品は全て100%オーガニックコットン、フェアトレードのものを使用して商品化する予定です。
今回僕たちがやっているのは購入型のクラウドファンディングというやつで、商品を予約購入していただいて、その資金が目標額に達すれば成功、目標額に届かなければ失敗で、支援してくれた方にも全額返金と言った形になります。

目標額が7500ユーロで、今現在2910ユーロ集まってます。
残り時間が70時間弱
これまたギリギリでの告知ですが、残り約三日間。どうなるか本当に全然わからないのですが、なんとかこのクラウドファンディング成功させたいと思っています。

見ていただいて、もし欲しい商品ありましたら応援お願いしたいです。

やり方わからないなどありましたら連絡ください。
どんな手段でもいいです。
メールでしたら
contact@atelierflatmoon.com
ブログのコメントでもSNSでもなんでも大丈夫です。

応援のほどよろしくお願いします。

クラウドファンディングのサイトへは↓↓
Kickstarter Art×Fashion×People×Earth